シェフ 三ツ星フードトラック始めました

シェフ 三ツ星フードトラック始めましたをみた

愚かだけど素直なおじさんが愚直に生きてるからみんな助けてあげちゃうみたいな童話のような映画
あらすじとしては、かつての新進気鋭の天才料理人が経営者の尻に敷かれてくさくさしてたら、批評家に見る影もないと言われてガチギレ。勝手もわからぬままSNSで反論しようとしたら大炎上してクビに。
仕方がないので移動販売車でサンドイッチを売ってたら評判になって再び成功できたよという話。
紆余曲折あったけどコンパクトにまとまっていてとても見やすかった。

なんかこう主人公の人柄が悪かったらもっと悪いほうへ悪いほうへ行きそうなのに、人柄がいいからすんでのところでバッドエンド回避していて良い。
主人公が首なったときに「俺も店やめる!なんかあったら必ず手伝う」って言った元部下が俺副料理長になったからやっぱり手伝えないって言っても「昇進おめでとうそれじゃしょうがないな!」って腐らずに
元奥さんの元旦那に支援してもらえるっていう話にもいって、その打ち合わせでからかわれても愚直に受け答えして、元の職場にいる彼女にテイよく振られても明るくありがとうといって別れて、
バカのイワンくらい愚直でいい。
こういう腐らない妬まないおじさんになりたいとおもえた。

たまに見返してこういう愚直なおじさんになろうと思い返したい。